妊娠中の性生活の注意点

妊娠中の各期の性生活はどのようにすれば良いと思いますか?
女の子の産み分けをして妊娠をすると、お腹の赤ちゃんのことばかりが気になって性生活が上手くいかなくなって、ご主人との関係が悪くなったりすることも少なくありません。

 

 

ですが、あなたの体が疲れないようにして、胎児の障害にならないように気をつけるようにさえすれば、性生活に対して必要以上に神経質になることはありませんが、妊娠各期の性生活で注意点があります。

 

 

まず妊娠初期の11週くらいまでは胎盤が不安定なので、性的興奮は子宮の収縮や充血などが流産の原因にもなると言われています。
その為、長時間に渡ることや激しい運動などは避けるようにして下さい。

 

 

そして、妊娠中期の16週になると、胎盤も出来上がるので流産の恐れも少なくなります。
とは言え、お腹も大きくなってきているので、過度な刺激や子宮を圧迫するような姿勢を避けるなど、性交の体位を考える必要があるでしょう。

 

 

妊娠後期の31週を過ぎると、妊婦は性的欲求は殆ど感じなくなるといいますね。。
というのも、この頃になると様々なホルモンが胎盤から分泌されるようになり、その中でも黄体ホルモンがとても多く分泌されることで、自律神経や下垂体を押さえつけるからです。

 

 

また、この時期には子宮や膣が軟らかくなり、少しの刺激で傷がついたり充血するので、性行為も穏やかにする必要があります。
それゆえ、妊婦のお腹を圧泊しない側臥位(お互いが横向き)の体位でやるのが良いでしょう。

 

 

妊娠32週以降は、早産や感染の危険もあるので性生活は控えるようにしましょう。
なお、妊娠中性行為を避けなければいけない時は、早産や流産の可能性があると言われた場合や、膣炎、妊娠中毒症などがある時は、性交を避けて休息をとるようにして下さい。

 

 

いずれにしても、子宮の刺激を避けるのはもちろん、妊婦の体に無理が掛からないように夫婦間で良く話し合い、腹部の圧迫や刺激を避けるような体位をしたり、長時間行わないようにして激しく興奮したり、荒っぽいことしないように慎むことが大切です。

 

 

時間やお金かけずに自宅で元気な女の子の赤ちゃんを授かる方法!

女の子が生まれるまで専門家のメールサポートがあるから安心です!

 

奇跡の女の子産み分け術の詳細を見てみる

 

 

関連ページ

産み分けの心構え
排卵日
産み分けの確率が高くなる理由!?
食べ物
ピンクゼリーについて
産み分けの体位
避妊について
基礎体温について
お酢で洗浄
精子の数のコントロール
日常生活で気をつけること
こんな症状には注意
基礎体温を安定させるには?
寝具について
排卵日前後の体のサイン
出産は綺麗になるチャンス!
高齢出産について
ピンクゼリーの使い方
排卵検査薬について
産み分けに控えたほうが良い嗜好品
排卵周期について
基礎体温と排卵のずれ
子供が生まれたら出費はどれだけ増える!?
服装に気をつけよう!
精子を元気にする栄養素
産み分けの淡白な性行為の長期化に注意!
前の出産と間があいている
男性の年齢と女の子の産み分けの関係
産み分けでのストレス
夫婦愛が産み分けを成功させる
基礎体温表と排卵検査薬の関連づけ
産み分けが出来ないと思い込まない!
体温は産み分けに影響する!?
冷えは産み分けの大敵
排卵が安定している目安
女の子産み分けはメンタル勝負
生みたい月から受精時期を知るには?
産み分けは夏の冷えにご用心
基礎体温を上げよう
排卵が不規則な人向けのツボ
体を温める服装で妊娠体質に
排卵検査薬の正しい使い方
妊娠しやすい体質になる食べ方
睡眠で基礎体温を安定させる
基礎体温を自分でコントロールする方法
血糖値がホルモンバランスを乱す
女性ホルモンのアップは産み分けには大切
食事の管理
神頼みも意外に効果的
妊娠しやすい身体を作る正しい呼吸法
パートナーが産み分けに協力してくれない
産み分けに繋がる妊娠体質を作る栄養素
二人目不妊と女の子の産み分け
性欲減退に効くツボ
女性ホルモンを整えて妊娠力アップ
妊娠とわかるのは何週間後
基礎体温で体の状態を掴もう
出産予定日の算出方法
女の子の産み分けする年齢はいつがいいの?
産み分け(妊娠)前に治しておいた方がいい病気
漢方薬とタイミング法で産み分けが成功することも多い
卵巣の老化を食い止めよう!
卵巣機能を低下させる冷えに注意
黄体機能不全は産み分けには大敵
女の子産み分けでの不妊治療
女の子の産み分けに失敗しやすい人
不妊ストレスは産み分けには大敵
月経周期が一定でない
産み分けに抵抗がある
つわり対策